お好きな方へどうぞ。

2015年7月14日火曜日

[特撮-01] 漢の死に様を見よ

さて、いよいよ始まる特撮エントリー。
記念すべき第一回の主役は「仮面ライダーV3」(1973)第32話に登場した彼、オニビセイウチである。



…と言っても大方の反応としては『誰?!』だろう。
むしろ特撮に詳しい人の方が反応に困ると思う。周りに特撮ファンがいれば試しに聞いてみればいい。おそらく次のような説明以上の答えは返ってこないはずだ。

『V3に破れたドクトルG(ゲー)に代わって新しく登場した大幹部「キバ男爵」率いるキバ軍団の一員。鬼火を操る』

確かにオニビセイウチはこれ以上でもこれ以下でもない。

というのも、
・別に強敵だったわけでは無い。
・なにか特別重要なエピソードに登場した訳でもない。
まあ率直に言って、いわゆるひとつの『雑魚怪人』である。

こちらがキバ男爵
( 演=郷鍈治氏は宍戸錠の弟にして、ちあきなおみの旦那様♡)

しかし、ただ一点においてオニビセイウチの名はポコ太の胸に深く刻まれている。



それは彼の死に様である。



まず一般的な怪人の死に様を思い起こしてほしい。

1番メジャーなものは、やはり何と言っても "爆発"
その爆発が大きければ大きいほど、ヒーローの強さが、そして我々視聴者に与える爽快感が増すという心憎い職人技だ。

また初期のショッカー怪人などに見られた "溶けて消える" というのもなかなか素人には真似のできない名人芸である。この場合は『後始末を考えなくてよい』という点においても優れていて、まさに立つ鳥跡を濁さずである。

その他 "仲間に粛清される" というのもイレギュラーな手法ながら、その実、結構見かける。



ただ皆さん、基本的なことを忘れてはいませんか?



ではここでオニビセイウチの死に様を見てみよう。

V3必殺の "V3フル回転キック” をまともに喰らってしまったオニビセイウチ氏。
普通ならここで爆発しておしまいである。

ちなみにこの後、本当に当たる。
昭和の撮影は無茶苦茶…もとい、体をはりまくっているのだ。

が、しかし彼はなんとかこれを持ち堪えた。
血を流しながら敗走するオニビセイウチ氏。

実はこれ、爆弾を仕掛けたアジトにV3を誘き寄せるという、彼にとって最後のミッションなわけだ。
また番組制作側としては、前回初登場のキバ男爵とV3の面通しをするという意味もあるのだろう。

というわけで、デストロン怪人としての使命とストーリー上の要請を一身に背負い、瀕死の重傷を負いながら逃げるオニビセイウチ氏。

その血痕をたどりながらデストロンのアジトへと乗り込んだV3が見た光景がこれ ↓



キバ男爵の膝下に崩れるオニビセイウチ氏。
これはいわゆる粛清パターンか?!と思った瞬間、キバ男爵の放った言葉に幼き日のポコ太は目から鱗が落ちた。



そのセリフとは…「たった今、オニビセイウチは息をひきとった」



息を…ひきとる…?!
そうだ、カエルだってオケラだってアメンボだって死ぬときはみんな息をひきとるんだ。怪人だって息をひきとるのは当然じゃないか!ついつい爆発などの派手な演出に気をとられて忘れていた大切なことを教えてくれたオニビセイウチ。僕は君を一生忘れない。必ずその偉業を21世紀に語り継ぐんだ。(注)

(注)語り継ぎました。




というわけでこのエントリーはおしまいなのだが、ここで本エントリー最大の衝撃が…。なんとこの話、次回も続くのである!!
こんな雑魚怪人について語ることが、まだあるのかよ?!とお思いだろうが、(力強く)ある!とだけ答えておく。


次回、オニビセイウチ完結編『ヒーローの答え』にご期待ください。







6 件のコメント:

  1. 特撮エントリーお待ちしておりましたー(≧∇≦)。
    記念すべき第1回目はV3ときましたか~。内容はサッパリでしたがポコ太さんの言わんとしてることは十分伝わりましたよー。確かにやられたら爆発が当たり前だった当時にしては斬新な死に方ですね。記憶に残るのも頷けます。

    次回の特撮エントリーも同じ怪人ネタということでどんな話が飛び出すのか、そして特撮エントリーでのコメント数は増えていくのか固唾をのんで見守っていきたいと思います(^_^;。

    返信削除
    返信
    1. うわっ、こんなコメントしづらいエントリーにまでわざわざありがとう。
      ぜひこれを肴に、御兄弟で夜も忘れ『オニビセイウチ談義』に興じていただきたいと存じます。


      >>当時にしては斬新な死に方ですね。

      いや、今でも十分斬新だと思うよ…。
      だって普通 "息をひきとる" って言うと、「いやー死なないで、おとっつぁん!」「は、花子… (ガクッ)」みたいなもんでしょ。こんなの毎回怪人にやられたら、後味悪くて仕方がないわ(笑)


      >>特撮エントリーでのコメント数は増えていくのか

      こんなエントリー「お、おう…」としかコメントしようがないやろー (^ ^)
      ただこれは『周りの反応を気にせず「書きたいことを書く!」本来のBlogの基本にたち返ろう』という意味合いのものなのです。今から見れば、あちらの初回も大概な内容やったしね(汗)というわけで、音楽Blogであることを忘れ去られないレベルでガンガン行きます!よろしく!

      削除
  2. 鉄曜日のライオン2015年7月17日 1:03

    こういうエピソードがあったんですね。
    怪人にとって、ボスに看取られて死ぬというのは果たして幸せなんだろうか。
    掘り下げると、怪人の存在意義にもつながるテーマですね。

    返信削除
    返信
    1. >>〜幸せなんだろうか。掘り下げると、怪人の存在意義にもつながるテーマですね。

      うーむ、確かに不用意に掘り下げると、そもそも「怪人」って何なのかという点から始まって、一気に哲学の谷底に落ちてしまいそうなネタで、それだけで1本ドラマが作れちゃいますね。

      ただこいつに限っては『キバ男爵率いるキバ軍団の一員』ってことなので、デストロンというよりキバ軍団に帰属意識がありそうだし、その長に看取られたのなら幸せだったんじゃないでしょうかね。一応、最後のミッションはやり遂げているわけだし。

      この2015年にもなって、僕は何を考えてるんでしょうね…。

      削除
  3. これは胸打たれるエピソードです・・・。
    「あさきゆめみし」で紫の上が亡くなるシーンのような。
    かくありたい。

    返信削除
    返信
    1. いや、そんな立派なものじゃぁ…
      というか、V3フル回転キックを喰らう紫の上を想像したじゃないですか!

      まあでも確かに亡くなるなら、こうありたいですな。

      削除