お好きな方へどうぞ。

2015年8月12日水曜日

[特撮-03] 闘う動植物図鑑

1981年に「仮面ライダースーパー1」が終了して以降、いわゆる平成ライダーが始まる2000年までの20年間は仮面ライダー不毛の時代であった。"仮面ライダーはオワコン" の雰囲気すら漂っていた。

そんな中、唯一の連続TVシリーズとして孤軍奮闘したのが「仮面ライダーBLACK」(1987)である。



仮面ライダーBLACK ことブラックサン(左)とシャドームーン。
兄弟のように育てられた二人が改造され、敵味方に分かれ死闘を繰り広げるという内容。(まさかその本題に入るまでに30話以上かかるとは思ってもみなかったが…)



途絶えていたシリーズを再興させるべく、設定やストーリーなど非常に力が入った作品で、また放送前に特番を組み主役オーディションの模様を流したり、石ノ森章太郎自ら描く漫画版を少年サンデーでスタートさせたり、話題性にも事欠かなかった。

結果、"仮面ライダー" を渇望していた視聴者の期待に答え、後番組(あえて続編とは書かない)「仮面ライダーBLACK RX」(1988)に見事つなげた。


とにかく当時の子供たちにとってリアルタイムの仮面ライダーはBLACK(RX含む)しか存在しないので、この時期幼少期を過ごした人達を中心に、30年近く経った今でも凄い人気を誇るライダーである。

もちろんポコ太も(高校生でしたが)毎週かぶりつきで見ていました。





---------------------------






が、今回はそういう話ではない。

当時、放送を重ねるごとにポコ太は妙な点が気になりはじめた。
しかもソレを気にしていたのが自分の周りには他に誰もおらず、それが余計にモヤモヤを加速させた。

その妙な点とは、敵であるゴルゴム(政界・財界・芸能界などに信者を抱える宗教組織)の怪人達である。

ゴルゴム怪人は皆、動植物をモチーフとしたデザイン・造形なのだが、そのモチーフがどうも『一般的な怪人によくあるモチーフ』から外れた「なんでわざわざそんなものをモチーフにしたんだ?!」という独特なものが多いのだ。


というわけで今回は、そのちょっと妙なモチーフ・セレクトの怪人達をご紹介。






---------------------------






その妙な感覚は、放送開始早々に訪れた。

・第1話/クモ怪人 ← わかる
・第2話/ヒョウ怪人 ← わかる
・第3話/クワゴ怪人 ← く、クワゴ?!


☆☆ こちらがクワゴ怪人 ☆☆☆


僕はこの番組のおかげで「クワゴ」と「カイコ」は別物ということを知りましたよ、はい。





☆☆ ヤギ怪人(第5話)☆☆☆


えーっと、その…可愛いです…。画像では今ひとつ伝わりませんが、劇中ではその動きも合わせモフモフ感炸裂!声も普段は低いのですがライダーと戦う際には、もろに「メ~」と鳴きました。
コイツに容赦なくパンチやキックを繰り出す仮面ライダーBLACK、まじブラック。





☆☆ アネモネ怪人(第20話)☆☆☆


ア、アネモネ…っすか(汗)何ともコメントしづらいんですが…。詳しい方は教えていただきたいんですが、アネモネって強いんでしょうかね?

ちなみにゴルゴム怪人・全48体中(劇場版及び大怪人含む)、植物系の怪人は3体のみ。
その中で、あえてアネモネ…。何が決定打になったんでしょうか?





☆☆ イラガ怪人(第27話)☆☆☆


既に蛾の幼虫としてはクワゴ怪人がいるというのに、また蛾の幼虫…

しかもこの手の幼虫怪人は、一度やられても成虫怪人となって大逆襲!というのが定番なのですが、クワゴ怪人もイラガ怪人も幼虫のままやられておしまいです。残念な人生です。





☆☆ ベニザケ怪人(第33話)☆☆☆


旅館の朝食かっ!

単に「サケ怪人」ではなく「ベニザケ怪人」というところに制作陣の強いこだわりを感じます。僕はいまだにコイツを「ベニシャケ怪人」と呼んでしまいます。





☆☆ ケラ怪人(第37話)☆☆☆


うーん…。みんなみんな~生きているんだ、友達な~ん~だ~。





☆☆ サンショウウオ怪人(第40話)☆☆☆


いいんでしょうか?倒しちゃっていいんでしょうか?なんとなく背徳感を感じます。コイツに容赦なくパンチやキックを…(以下略)

ちなみに画面に現れたこいつを見て、当時の僕は「なんだ、この着ぐるみ感丸出しの造形は」と呆れたのですが、その後図鑑で山椒魚を改めてまじまじと見つめると、もとから着ぐるみみたいな生き物なんですね。
先のヤギ怪人もそうですが、リアルに再現すりゃいいってもんでもないなと感じました。





---------------------------






というわけで、当時ポコ太の感じたモヤモヤを追体験していただけただろうか?
結局このモヤモヤから「仮面ライダーBLACK」は自分のなかでこう位置付けられることとなった。

→『闘う動植物図鑑』




さて次回は、このわけのわからない制作陣のこだわりの極北。
ポコ太が衝撃を受けた、とある怪人を紹介する。

次回「ゴルゴムの仕業か?謎のこだわり」にご期待ください!







4 件のコメント:

  1. おぉ、BLACKネタきましたねー。自分もリアルタイムで観てましたよー。まぁ、兄貴が観てたのを一緒に観てただけなので(因みに兄貴は何年か前に倉田てつをの店に行ってます。)すっかり内容を忘れていますが…(^_^;。

    紹介された怪人のいくつかは「あー、こんなのいたなー」くらいの記憶しかないですが、確かに今見てもかなり斬新な(滑稽な)造形ですね(^_^;。ポコ太さんが衝撃を受けた怪人はどんなのでしょうか…。次回も楽しみです(^^)

    返信削除
    返信
    1. おお、やはり視ていたか!

      子供の頃見てた番組って、兄弟の影響ってかなり大きいよね。
      歳上か歳下か。男か女か、で。

      結局、最後に一緒に見た番組って何だったんでしょうか?

      削除
  2. 40年近く生きてきて全く知らずにいたことを色々教えてくださり、何時もありがとうございます。
    自分はどうも毛?ひげ?とげ?みたいなのが生えてるのがどうもダメみたいだと知った2015夏。
    ケラさんはカニアレルギーの血が騒いで特にダメでした。

    返信削除
  3. 40年近く生きてきて全く知らずにいたものの全く問題なかったことを今になって知ってしまいましたね。

    今後も全く知る必要のないことばかりが続きますが、ここはどうか「あなたの知らない世界」を覗くつもりでご覧ください。

    (注)今後も人生には全く役に立ちません。

    返信削除