お好きな方へどうぞ。

2015年8月27日木曜日

[特撮-05] ゴルゴムの仕業か?謎のこだわり

仮面ライダーBLACK編/前回までのあらすじ






---------------------------





それは1988年が明けて間もない、まだ寒さの厳しい日のこと。
週刊のテレビガイド雑誌だったか、先輩の買ってきた児童向け雑誌だったかを仲間内で回し読みしていた時である。

そこには『仮面ライダーBLACK・今後の展開』ということで、翌月放送分のあらすじが載っていた。
自分は何事においてもネタバレが嫌いなので、こういう記事は飛ばすのが常だったのだが、この時はつい、目の端に入ってしまった。

そこには、こう書かれていた。

第22話「タイトル未定」
ライダーに倒された同族のハチ怪人の恨みを晴らそうとするツルギバチ怪人が登場。

ポコ太はピンときた。
『あ、これは予算節約策ですね!』




---------------------------





説明しよう。

とにかく特撮は一般ドラマと比べてもアニメと比べても、段違いに金がかかる
この30年間継続的に作られているのが、東映の戦隊シリーズとメタルヒーローシリーズ(2000年より平成ライダーシリーズへと移行)しか存在しないことがそれを物語っている。

はっきり言えば巨額のスポンサー料を払ってくれる企業(この場合はバンダイ)がバックにつかない限り、とてもではないが作れないのだ。

セットやCGなど、とにかく最初から最後まで金を喰う工程が満載なわけだが、ヒーロー、怪人などの着ぐるみもとにかく金がかかる。主役ヒーローともなれば頭部(マスク)だけで100万は軽く超える。(もちろん主役なら、そのマスクを何個も作なければならない)

平成ライダーシリーズが第一作のクウガから現在まで基本、2話分に1体しか怪人が登場しないのは、毎回新しい怪人が登場する戦隊シリーズとの予算の差であるのだ。



というわけで第1クールで視聴者を掴んだら、やってくるのが着ぐるみを再利用したリメイク怪人である。



今回の仮面ライダーBLACKでいえば、既にお役御免となったハチ怪人(第9話)の着ぐるみに手を加えて再利用し、1話分の着ぐるみ製作予算を節約する、というわけだ。
その背景として『ハチ怪人の同族』という設定にしたのは、出来上がった着ぐるみに元のハチ怪人の面影が残っていても視聴者側も受け入れやすいからだろう。

ポコ太は第22話のあらすじからここまでを読み取り、一人勝手に納得していた。




---------------------------




しかし告白せねばなるまい。
自分はこの番組をナメていた

仮面ライダーBLACKの製作陣のこだわりは、自分の予想をはるか(斜め上に)超えていたのだ。




---------------------------




時は過ぎ1988年3月6日、問題の第22話放送の日がやってきた。
同族のハチ怪人の恨みを晴らそうと大幹部達の前に直訴に現れたツルギバチ怪人の姿を見て、自分は言葉を失った。




まず第9話に登場したハチ怪人を見ていただこう。


こいつはこいつで、なかなかカッコイイ。




そしてこちらが問題のツルギバチ怪人




完・全・新・作・!?






どこからどう見ても、完・全・新・作・!!





---------------------------





ということはだ。仮面ライダーBLACKの製作陣にとってツルギバチ怪人とは予算節約などではなかったという事になる。
ただただ純粋に「もう一体、蜂の怪人を出したい」だけだったわけだ。

わざわざ高いお金をかけて、また、蜂!
しかも『ツルギバチ』などという、現実には存在しない種類をでっちあげてまで!!

たしかに「ひとつの番組に同一モチーフの怪人を複数出してはいけない」という条例も放送コードも無いわけで、なにを出そうが自由ではあるのだが、だがしかし、先に書いた予算節約以外の理由でそれを行った番組は、ちょっと記憶に無い。

一体どういう流れの製作会議を経れば、こんな案が通るのか?

まさかこの後、ジガバチ怪人とかアシナガバチ怪人とかセイヨウミツバチ怪人とか、延々と蜂系の怪人が登場するのではないか…。



今、目の前で起こっていることが理解できず、自分は動揺した。



正直に言ってあれから30年近く経った今現在においても、この意図は全く理解できない。

ただ今回の件といい、前々回で見たような妙なモチーフ・セレクトの怪人達といい、製作陣の中に トチ狂った  …個性的な感覚を持った人がいたのは間違いないだろう。





---------------------------





しかしその存在自体には釈然としない点はあれど、このツルギバチ怪人、惚れ惚れするほどかっこいい。
あの日から今に至るまで、ポコ太の Favorite☆ゴルゴム怪人 である。

ありがとう!よくわからないこだわりのひと!!






仮面ライダーBLACK編/おしまい。







3 件のコメント:

  1. なるほど、採算度外視のスタッフのこだわり素晴らしいですね。当時、全然気にしてませんでしたが、9話の前フリがあって蜂繋がりの怪人が出るとなれば、確かに特撮番組が下火なっていたこの時代に着ぐるみを再利用せず一から作るというのは考えられないですよね(^_^;)。それで視聴率悪かったら目もあてられない…。やはり「仮面ライダー」というブランドを消したくないという製作者たちの強い特撮愛がそうさせたのでしょうか?。

    先日、実家で兄貴がCS録画のブラック劇場版を観てて石ノ森章太郎さんが友情出演していたシーンをたまたま観たのですが、やはり石ノ森さんも「仮面ライダー」シリーズの産みの親としてシリーズを絶やしたくないという思いで出演されたのかなぁと勘ぐってしまいました。

    返信削除
    返信
    1. >>強い特撮愛がそうさせたのでしょうか?

      いや、これは特撮愛ではなく蜂愛だと思います。
      蜂愛ってなんだよっ?!って聞かれても、よく分かりませんが…。



      せんだって帰省した際、BLACK前夜の1985〜86年頃のいろんな雑誌を読み直してたんですけど、仮面ライダーについて "かつてあったヒットシリーズ" のように完全に過去形で書かれていたのはショックでした。
      でも、確かにこの時期ってそんな雰囲気でしたね。

      それだけに 東映としても石森プロとしても、ものすごく力を入れていたはずです。

      当時の記憶だと、確か放送が始まる3年ぐらい前から新しい『仮面ライダーが始まる』という噂が流れては消えてました。
      実際、後でフタを開けてみると放送3年前から東映ー石森プロ間で企画書が書かれていたとのこと。しかしプレゼンの度に難色を示したのはスポンサーだそうです。
      つまり「もう仮面ライダーという時代でもないでしょう」と…。

      ここで制作側が折れていたら、先に書いた雑誌の記事のように本当にオワコンになっていた可能性があります。今見直してみても特に第1話から第2話は、『80年代に仮面ライダーを甦らせる』という、制作側の強い意志を感じます。



      >>シリーズの産みの親としてシリーズを絶やしたくないという思い

      これは大きなポイントで、70年代の東映ヒーローというのはイコール石森ヒーローだったわけです。

      しかし70年代末ごろから、八手三郎名義のいわゆる東映オリジナルヒーローの時代が始まります。
      一応『原作』としてクレジットされている 80年代中頃のマシンマン、バイクロッサーですら、実際は限定的なかかわりだったことを考えると、おっしゃる通り忸怩たる思いはあったのでしょう。


      ただ、出演の件に関しては旧ライダーどころかイナズマンやズバットとかまで、大先生しょっちゅう出演されてます (^_^)

      削除
  2. ポコ太様がこだわりの方に感謝の気持ちを捧げておられるように、
    わたしもいつもポコ太様に「ありがとう!(略)」と近畿のはじっこで叫んでおります。

    蜂はカッコイイですね!強そうだしイケメンです。

    返信削除